一人暮らしは意外とお金がかかる!?その内訳を紹介

一人暮らしには色々な費用がかかる?

一人暮らしは、社会人にとっての自立の第一歩ですが、それなりに費用がかかります。まずは部屋を借りる費用や、引越し費用、そして家財道具をそろえるための費用といった「初期費用」がかかりますし、月々の生活費がどの程度かかり、家賃はどの程度の金額がいいのかということを考えなければなりません。しかし具体的にどれだけ費用がかかり、さらにどれくらいの家賃が適当なのかということが分かれば、実際に一人暮らしを始めるときに便利です。

一人暮らしの賃貸を借りるときの初期費用とは?

まず、一人暮らしを始めるために賃貸の部屋を借りる場合は、「不動産屋やへ支払う費用」と、生活に必要な「家財道具を購入する費用」などが必要になります。不動産屋へ支払う費用は、敷金・礼金・仲介料と1ヶ月分の家賃といった内訳になり、一般的に6ヶ月分の家賃が必要になると言われています。なので家賃が5万円の場合は30万円を不動産屋へ支払うことになります。さらに家財道具の購入については10万円程度が相場で、引越し費用については、業者に依頼すると3万~8万円程度かかると言われています。合計すると、家賃5万円の場合「初期費用」は40万~50万円になるという計算になります。

毎月の費用の内訳は?

賃貸の初期費用をクリアしたとしても、今度は毎月の家賃や生活費の問題があります。生活費については、食費・光熱費・交際費などで一般的に10万円程度かかると言われています。内訳を紹介すると、食費2万円・光熱費1万円・交際費2万円のほかに、携帯電話やインターネットなどの通信費や、衣料品の購入費などが含まれています。つまり手取りで15万円の収入があるなら、家賃5万円で、生活費10万円の一人暮らしが出来るということになります。また、家賃と生活費のバランスによって生活の質も変わるということが言えます。

札幌の賃貸マンションでは、物件内における環境の良さに加え、周辺環境の充実度についても魅力となっており、利便性や快適性を感じた生活を送ることができます。