注文住宅だからって難しく考えなくて大丈夫!

注文住宅と建売住宅の違いって?

注文住宅と建売住宅の違いって、言葉的には注文住宅は、注文を行って建てる住宅です。建売住宅とは、ハウスメーカーなどが建てた住宅を販売する住宅です。両社とも住宅という意味合いでは変わりませんが、施工主の意見が大きく関わっているのが注文住宅で、施工主の理想に近い住宅と言えます。施工主の意見が大きく反映されている分、建売住宅よりも値段が割高になります。また、建設にかかる時間も注文住宅のほうが長くなるのも特長の一つです。

注文住宅でも色々な注文がある?

本来の注文住宅とは、施工主の注文によって建てる住宅を意味しているので、家のすべてを始めから決めなくてはなりません。ただし、すべてのオーダーメイドは、非常に打ち合わせ期間や建設期間がかかるのと費用がかなり掛かるために、施工主や業者側にとっても大変です。そこでより身近に注文住宅での施工ができて、費用も安く抑える方法があります。それがメーカー側のパンフより選択をしてカスタマイズする注文住宅です。この方法は、費用も期間もだいぶ削減されます。

どんなこと決めていくの?

より身近になってきた注文住宅は、パンフから選んだモデルハウスの柱部分以外は、カスタマイズできると考えてください。この方法は、設計図が出来上がっているために費用が削減されます。また、資材についてもある程度調達が容易であるために費用が抑えられます。ただし、その他の部分の外壁や内装などの多くは施工主が決めなければいけません。結構沢山ありますよ。大変かもしれませんが、家族で楽しみながら決めていくのがいいと思います。

あなたにとって暮らしやすい家とはなんですか?温度調整、エコ、広さ、注文住宅ならあなたの願いを叶える家づくりが可能です。