マンションのリフォームは定期的に行う必要があります

マンションも一戸建て住宅と同じです

マンションを購入した人は、一戸建て住宅と違って維持費がかからないと思っている人が多いようですが、実際にはマンションも水まわりや床、壁といった部分のリフォームは必要になります。一般的には、10年程度に一回はリフォームが必要とされているようです。また、築年数の経った古い建物の場合、本格的な大規模修繕も必要となります。したがって、一戸建て住宅と同じように、マンションもリフォームが必要不可欠であることを認識しておくべきでしょう。

特に水まわりには要注意です

トイレやキッチンといった水まわりは給排水管を含めて、マンションで最もリフォームに気を付けるべきところです。こういった水まわり部分は毎日頻繁に使用するため、それだけ経年劣化が起こりやすい箇所ともいえるのです。定期的なリフォームの際にはまず最初に狙いを定めることが必要でしょう。その際には、給排水管のチェックはもちろん、キッチン周辺の床や壁もついでによくチェックするようにしましょう。水と油の両方のダメージを受けていることも考えられます。

マンションの資産価値を維持するためにもリフォームを

通常、10年に一回のリフォームには少なくとも100万円から200万円程度の予算が必要といわれています。もちろん、リフォームの工事内容次第で費用は大きく変わります。しかし、定期的にまとまったリフォーム費用の出費が必要になることは間違いありません。したがって、マンションを購入した時からリフォーム費用として毎月定額を積み立てておくことが勧められます。備えあれば憂いなし、というように必要な時に必要なリフォームができるよう、しっかり備えることで、大切なマンションの資産価値を維持することができるのではないでしょうか。

マンションリフォームのメリットは、個人の感覚や家族のために室内を変えることができることです。介護用のリフォームもあります。