最後のチェック!マンション内覧会参加の心構え

明るく見やすい時間に行う

マンションを購入すると、引き渡し前に内覧会と呼ばれるものが開かれます。これは施工が終わった後、買い手が物件の最終チェックを行うためのものです。初めてのお披露目となりますので、非常に楽しみなものでもあります。ですが、部屋に問題がないかどうかしっかり見て回らなければならないので、見落としがないよう、気を引き締めて臨みたいものです。予約が必要な場合が多いので、都合のいい時間を見つけていけばいいのですが、できればしっかり見える明るい時間帯を選びましょう。

準備・計画は事前にしっかりしておくことが大切

内覧会の時間は限られていますが、チェックするべきポイントは数多くあります。あらかじめしっかり準備をしておき、家族などと手分けして行えるよう、大勢で出かけたいものですね。床が平らかどうか確認する水平器、壁が直角になっていることを確かめる曲尺、長さや高さを測るための巻尺などがあると、非常に便利です。また、見るべきポイントをまとめたチェックリストを作成しておくと、当日は作業がスムーズに進みます。面倒ならば、インターネットで配布されているものを利用してもよいでしょう。

当日は計画通り不具合を徹底的にチェック

内覧会の当日は、計画に従ってチェックしていきます。エアコンやインターホン、ディスポーザーなどの装置は、実際に動かしてしっかり作動するかどうか、確認することが大切です。また、流し台やトイレなどの水回りは水を流して、水漏れがないかどうか調べましょう。点検口を開けて、中の排水管まで確認できると、なおよいです。不具合があったところは、テープで印をつけておき、担当者に知らせます。次の再内覧会が開かれるまでに、修理されることになり、そこでまた確認作業を行うことになります。

函館のマンションでは、快適な生活を送ることができる優れた周辺環境に加え、充実した設備が整っている点で人気の物件も多数存在しているのが魅力です。