外壁塗装はいまや機能から選ぶ時代へと突入しました!!

外壁塗装も大切なリフォームの一つです

家のリフォームといえば、キッチンを新しいものに変えたり、お風呂を豪華なユニットバスに変えたり、また、部屋の壁紙を変えたりなど、見た目にも大きな変化があるものというイメージがあります。ただ、大切な家を守るという意味では、外壁塗装というのも大切なリフォームの一つです。外壁塗装を行うのは、大体10年毎と言われていましたが、最近は必ずしも10年とは限りません。様々な素材を利用する事で、耐用年数も増え、15年や20年持たせる事も可能になってきました。だからこそ、外壁塗装といっても、しっかりと業者や商品選びが重要になってきているのです。

外壁塗装の機能ってどんなもの?

外壁塗装に、耐用年数の違い以外には、どんな種類があるんでしょう?あまり考える事はないのではありませんか?塗装というイメージから、色の違いと、耐久性の違いだけで考えてしまうと、せっかくのリフォームの機会に勿体ない事をしてしまいます。最近の塗料には、様々な化学物質を配合する事で、色々な機能を持たせているのです。簡単に例を挙げると、太陽の光を反射して遮熱する効果、塗料による防音効果、また湿度を調整して、結露を防止してくれる効果などです。これだけでも、家での生活を快適にしてくれる効果と言えますよね。

リフォームの検討は業者選びから

それでは具体的に何を選べばいいのか?それは、もちろん信頼できる業者選びからです。外壁塗装に色々な種類が増えた事で、業者によって施工に対応している所と、そうでない所があります。ですから、まずはしっかりとした施工実績のある業者を選ぶ事が大切です。色々な機能についても施工実績が豊富だと、施工後の効果がどれくらい体感できるかや、環境による効果の違いなど、しっかりと疑問に答えて貰えます。その上で、自身の望む効果を持った外壁塗装をお願いする事ができれば、リフォーム後に本当に快適な住環境を手に入れる事ができますよ。外壁塗装の際にはじっくり検討してみてはいかがでしょう。

壁面の塗装などを補修する場合に良い外壁塗装なら鎌ヶ谷の塗装業者に依頼しましょう。出来上がりが最高の塗装にしてくれます。

外壁塗装に大切なリフォームに関する豆知識3選

外壁塗装の塗り替え時期

外壁塗装ですが、やがてはリフォームが必要になるものです。なぜなら外壁にも耐久年数というものがあり、長い年数リフォームせずにそのままにして置くと、家自体の劣化につながるからです。外壁塗装に使用されている塗料の種類にもよりますが、平均的に外壁塗装のリフォーム期間は10年を目安に考えておくとよいでしょう。10年毎のリフォームを行うことで外壁の耐久性を復活させることができ、また汚れた壁などが綺麗になり家じたいの美観を維持することもできます。

外壁塗装が必要な理由

なぜ外壁塗装のリフォームが必要なのかという点ですが、リフォームをしないと外壁耐久が落ちてきてしまう点です。ですが、見た目的に対して変わらないという状態であれば、リフォームの必要性を感じないこともあるでしょう。ですが、外壁塗装を定期的にリフォームせずにいると、色々と不具合がでてきてしまい雨漏りといったトラブルや壁自体にヒビが入ったり、家が傾くなどがおこり家の劣化も進んでしまいます。その為、家を長持ちさせるために外壁塗装リフォームは重要になります。

自分でできる外壁塗装チェック方法

外壁塗装のリフォームの期間は平均的に10年毎とされていますが、10年を待たずに外壁塗装の劣化症状が出てきた場合は早めにリフォームすることが大切です。その為、自分自身で外壁塗装の状態を、1年ごとにチェックしておくとよいでしょう。チェック方法ですが、壁のひび割れの有無、塗装の剥がれ、外壁の汚れの付着や色あせ、塗装の変形やカビの発生、錆がついているかどうかや腐食などを目で見てチェックをし、劣化の症状がでているのであればリフォームし、外壁をよい状態に保つようにしましょう。

アパート塗装なら千葉の塗装業者におまかせください。紫外線に強い塗料も用意していますし、見積もりは迅速かつ丁寧です。